限りある資源と、美しい地球を守るために私たちにできること

>

リサイクルマーク、知ってますか?

リサイクル品を買うことで、社会が変革?

リサイクルマークによって回収され、加工された製品は再び、市場に出回ります。
使い終わった紙を溶かして加工し、再び紙に戻した再生紙や、ペットボトルを繊維状にして、それを再利用したフリースなど、再生利用したものはいくつもあります。

そうしたものに取り付けられている環境ラベルは、それが地球の環境に優しい製品であることを証明する印なのです。
それをアピールすることで、消費者に買ってもらい、リサイクルを意識してもらうのに役立っています。

もし、消費者が意識的に地球環境のためにと、これらの商品を積極的に購入するようになり、売り上げが伸びれば、その意識は経済界全般に行き渡ります。
リサイクルした製品が好ましく選ばれる風潮が強くなれば、リサイクル製品の製造にたずさわる企業はさらに増えるのではないでしょうか。

環境ラベルってこんなの

では、次にそんな環境ラベルの種類について見ていきます。

矢印でリサイクルのRの文字をかたどり、その後ろに数字の続くものは再生紙のマークです。
コピー用紙などについていることが多いです。パッケージにこのマークがあれば、その紙は再生紙ということになります。
Rの形の後ろに続く数字はその紙に含まれている古紙の割合です。

緑色の三角に木が書かれたグリーンマークも同じく、製品が再生紙であることをを表しています。

丸に大きくRと書かれているのは、牛乳パック再利用マークです。
トイレットペーパーやその芯、箱製品などに使われています。

他には、アルファベットの小文字のeをかたどったエコロジーボトルマークや、緑色の円の中をペットボトルのシルエットでくりぬいたペットボトル再利用品のマークなどがあります。


TOPへ戻る