限りある資源と、美しい地球を守るために私たちにできること

>

何でできているかよく理解し、正しく分別

しっかりと分別して賢い捨て方を

毎日の生活で出る大量のゴミ。あなたはどのゴミが、どの種類に分類されるか一目でわかりますか。
最近の食品のパッケージなどの素材は、なかなか趣向に凝っていて、プラスチックのような手触りの紙製品なども出てきています。ですから、なかなか判断しづらいものも多くあるのです。

そんな時、このリサイクルマークを見れば、どの種類のゴミであるのかは一目瞭然です。

地域によってどの曜日にどのゴミを捨てていいのかは異なります。リサイクルマークで、分別するのと同時に、いつ、どこに何を捨てていいのかも確認しなくてはいけませんね。

日本は天然資源の乏しい国です。使える製品は再利用、再加工し、可能な限りムダの少ない循環型社会を築かなければなりません。
いずれ、地球そのものから資源が枯渇する時代が来るとも言われています。そんな時、我が国が旗手となって、世界規模のエコ活動の推進に力を貸せればいいですね。

こんなリサイクルマーク、あります

それでは、ここでゴミの素材を一目でわかるリサイクルマーク、材料識別マークをいくつかご紹介します。

矢印2本で丸をかたどり、その中央に「スチール」、または矢印2本で三角、真ん中に「アルミ」と書かれたマーク。
これはジュースなどの缶に書かれていますね。同じ金属でも、この2つの素材は硬さも、錆びに対する強さも違うものです。

矢印3本で三角をかたどり、真ん中に数字の1、下に「PET」と書かれているのはペットボトルです。
他にも似たような意匠のプラスチック製品がいくつかあります。

矢印2本の四角の中に「プラ」と書かれたプラスチック容器のマーク、矢印2本で楕円の中に「紙」は紙製容器などなど、廃棄の際に気を付けたい、材料を識別するマークは、他にもたくさんあります。
注意して確認したいものです。


TOPへ戻る